令和元年9月9日
金融庁

金融仲介の取組状況を客観的に評価できる指標群(KPI)について

1.経緯

金融庁では、金融仲介の取組みについて十分な情報開示が行われることは、顧客が自らのニーズや課題解決に応えてくれる金融機関を主体的に選択することを可能とし、ひいては、良質な金融サービスの提供に向けた金融機関間の競争の実現にも資するとの観点から、これまで「金融仲介機能のベンチマーク」の策定といった施策を講じてきたところ。

今般、「成長戦略フォローアップ」(令和元年6月21日公表)を踏まえ、金融仲介の取組状況を客観的に評価できる指標群(KPI)として以下のとおり設定し、金融機関の取組みの「見える化」を推進し、担保・保証に過度に依存せず、中小企業・小規模事業者の事業性評価や生産性向上に向けた経営支援に十分に取り組んでいく。

2.金融仲介の取組状況を客観的に評価できる指標群(KPI)

・新規融資に占める経営者保証に依存しない融資の割合
・事業承継時における保証徴求対応に係る以下の4類型の件数割合
  -代表者の交代時において、旧経営者との保証契約を解除せず、かつ、新経営者との保証契約
    を締結した件数(二重徴求)
  -代表者の交代時において、旧経営者との保証契約は解除しなかったが、新経営者との保証契
    約は締結しなかった件数(旧経営者のみ保証徴求)
  -代表者の交代時において、旧経営者との保証契約を解除する一方、新経営者との保証契約を
    締結した件数(新経営者のみ保証徴求)
  -代表者の交代時において、旧経営者との保証契約を解除し、かつ、新経営者との保証契約を
    締結しなかった件数(両者とも保証徴求せず)
 
 PDF(別添)上記の定義 
 
主要行等及び地域銀行におかれては、本指標の推移について、可能な限り自主的な公表を期待します。
 
お問い合わせ先

監督局 銀行第二課地域金融企画室

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)(内線:2542、2457)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る