令和元年12月25日更新
金融庁

インターネット・バンキングによる預金の不正送金事案が多発しています。

メールやショートメッセージ(SMS等)を用いたフィッシングや、スパイウェア等の不正プログラムを用いた手口により、インターネット・バンキング利用者のID・パスワード等を盗み、預金を不正に送金する事案が多発しています。


(出典:警察庁HP「フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について(注意喚起)」)

 

【主な手口】
①SMS等を用いたフィッシング手口
・銀行を騙ったSMS等のフィッシングメールを通じて、インターネット・バンキング利用者を銀行のフィッシングサイト(偽のログインサイト)へ誘導し、インターネットバンキングのIDやパスワード、ワンタイムパスワード等の情報を窃取して預金の不正送金を行うもの。
②スパイウェア等を用いた手口
・何らかの方法でインターネット・バンキング利用者のパソコンにスパイウェアを感染させ、利用者の知らない間にID・パスワード等を盗取。当該ID・パスワード等を利用して預金の不正送金を行うもの。

こうした被害に遭わないために、

  • ・心当たりのないSMS等は開かない。(金融機関が、ID・パスワード等をSMS等で問い合わせることはありません。そのようなメールが来た場合は、直接金融機関に問い合わせましょう。)
  • ・金融機関のウェブサイトへのアクセスに際しては、事前に正しいウェブサイトのURLをブックマーク登録しておき、ブックマークからアクセスする。
  • ・各銀行のウェブサイトにおいて、インターネット・バンキングのパスワード等をSMS等で求めないといった情報を確認する。
  • ・表示されたウェブサイトのURLを確認する。
  • ・パソコンのセキュリティ対策ソフトを最新版にする。

 など、十分ご注意ください。

(参考)

・金融犯罪にご用心!(全国銀行協会ウェブサイト)

https://www.zenginkyo.or.jp/hanzai/7316/新しいウィンドウで開きます
・フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について(警察庁ウェブサイト)
https://www.npa.go.jp/cyber/policy/caution1910.html新しいウィンドウで開きます

相談窓口

○金融庁 金融サービス利用者相談室(平日10時00分~17時00分)
 電話:0570ー016811(IP電話からは03-5251-6811 )
 FAX:03-3506-6699
 インターネットによる情報の受付は、こちら新しいウィンドウで開きます

○警察
 電話:#9110(各都道府県警察相談ダイヤル)

○全国銀行協会 相談室(平日9時00分~17時00分)
 電話:0570-017109(IP電話からは03-5252-3772)

サイトマップ

ページの先頭に戻る