平成30年3月30日
(平成30年11月27日更新)
金融庁

「ギャンブル等依存症に関連すると考えられる多重債務問題に係る相談への対応に際してのマニュアル」について

ギャンブル等依存症対策については、平成29年8月に「PDFのアイコンの画像です。ギャンブル等依存症対策の強化について」(ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議決定)において、多重債務者相談窓口等には、相談員のギャンブル等依存症に関する理解・知識は必ずしも十分ではない場合があることなどを踏まえ、多重債務者相談窓口等においてギャンブル等依存症に関する相談拠点との具体的な連携方法や相談実施方法等を整理したマニュアルを整備する必要があるとされたところです。

こうした経過を踏まえ、消費者庁、厚生労働省等の関係省庁と連携し、ギャンブル等依存症に関連すると考えられる多重債務問題に係る相談への対応に際してのマニュアルとして、相談対応に際しての一般的なフローやその留意点などを(別紙)のとおり整理しましたので、公表いたします。

(別紙)PDFのアイコンの画像です。ギャンブル等依存症に関連すると考えられる多重債務問題に係る相談への対応に際してのマニュアル

【更新】

 ■平成30年11月27日 平成30年5月までの間に生じた関係機関の連絡先(別添②)変更を反映

お問い合わせ先

金融庁企画市場局総務課信用制度参事官室

03-3506-6000(代表)(内線3544)

サイトマップ

ページの先頭に戻る