平成25年9月17日
平成30年4月16日更新
金融庁

EDINETについて

1.EDINETの概要

EDINETは、「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」のことで、有価証券報告書、有価証券届出書、大量保有報告書等の開示書類について、その提出から公衆縦覧等に至るまでの一連の手続きを電子化するために開発されたシステムであり、以下の目的の実現のため、24時間365日(定期保守等の計画停止期間は除く。)、稼働しています。

  • 有価証券の発行者の財務内容、事業内容を正確、公平かつ適時に開示すること。
  • 有価証券を大量に取得・保有する者の状況を正確、公平かつ適時に開示すること。
  • 投資者がその責任において有価証券の価値その他の投資に必要な判断をするための機会を与え、投資者保護を図ること。

2.EDINETのURLについて

EDINETのURLは、次のとおりです。

閲覧サイト新しいウィンドウで開きます

提出サイト新しいウィンドウで開きます

3.提出書類の形式

EDINETに提出するXBRL対象書類については、開示書類等提出者がXHTMLファイルにXBRLタグを埋め込み提出するインラインXBRL方式を採用しております。詳細は、上記「2.EDINETのURLについて」のリンク先、トップメニューの「操作ガイド」をご覧ください。

4.各種操作ガイド

EDINETに係る各種操作ガイドは次のとおりです。詳細は、上記「2.EDINETのURLについて」のリンク先、トップメニューの「操作ガイド」をご覧ください。

○各種操作ガイド

EDINET概要書
提出ファイル仕様書

【開示書類等提出用】

書類提出操作ガイド
大量保有報告書提出操作ガイド
報告書(XBRL)作成ツール操作ガイド

【開示情報閲覧用】

書類閲覧操作ガイド
XBRLからCSVへの変換ツール操作ガイド
XBRLからCSVへの変換ツール操作ガイド 変換ツール定義ファイル情報

サイトマップ

ページの先頭に戻る