規制の政策評価(RIA)

規制の政策評価(RIA)とは

規制の政策評価(RIA:Regulatory Impact Analysis)とは、規制の導入や修正に際し、実施に当たって想定される費用や効果といった影響を客観的に分析し、公表することにより規制の客観性と透明性の向上を目指す手法です。

また、競争評価は規制の新設又は改廃によって発生する効果や負担のうち、競争状況に与える影響を予測・評価するものです。

(注)実施義務付けの対象となる規制は、法律又は政令

令和2年度実施分(規制の事前評価)

○ 地方公共団体に対する員外貸付制限の見直し(令和2年6月30日公表)

 

令和2年度実施分(規制の事後評価)

○ 新規上場に伴う負担の軽減(令和2年6月10日公表)

 

 

○ 金融指標に関する規制の枠組みの整備(令和2年7月17日公表)

 

 

○ 金融商品取引所の業務の追加(令和2年7月17日公表)

 

 

○ 大量保有報告制度の見直し(令和2年7月17日公表)

サイトマップ

ページの先頭に戻る