規制の政策評価(RIA)

規制の政策評価(RIA)とは

規制の政策評価(RIA:Regulatory Impact Analysis)とは、規制の導入や修正に際し、実施に当たって想定される費用や効果といった影響を客観的に分析し、公表することにより規制の客観性と透明性の向上を目指す手法です。

また、競争評価は規制の新設又は改廃によって発生する効果や負担のうち、競争状況に与える影響を予測・評価するものです。

(注)実施義務付けの対象となる規制は、法律又は政令

令和3年度実施分(規制の事前評価)

 

令和3年度実施分(規制の事後評価)

○ 大量保有報告制度の見直し(令和3年5月27日公表)

 

○ 保険募集の基本的ルールの創設(令和3年5月31日公表)

 

○ 保険募集人に対する規制の整備(令和3年5月31日公表)

 

○ 少額電子募集取扱業務のみを行う者に対する規制の見直し(令和3年7月7日公表)

 

○ 電子募集取扱業務を行う金融商品取引業者等に対する規制の見直し(令和3年7月7日公表)

 

○ 取扱有価証券の範囲の見直し(令和3年7月7日公表)

 

○ 出資金の流用が行われている場合のファンドの募集等の禁止(令和3年7月7日公表)

 

○ インサイダー取引規制の見直し(令和3年7月7日公表)

 

○ 空売り規制の総合的な見直し(令和3年7月7日公表)

 

○ 適格機関投資家等特例業務の見直し(令和3年7月7日公表)

 

○ 投資法人及び投資信託に係る特定資産の追加(令和3年7月7日公表)

 

○ プロ向けファンドに関する規制の見直し(令和3年7月7日公表)

サイトマップ

ページの先頭に戻る