規制の政策評価(RIA)

規制の政策評価(RIA)とは

規制の政策評価(RIA:Regulatory Impact Analysis)とは、規制の導入や修正に際し、実施に当たって想定される費用や効果といった影響を客観的に分析し、公表することにより規制の客観性と透明性の向上を目指す手法です。

また、競争評価は規制の新設又は改廃によって発生する効果や負担のうち、競争状況に与える影響を予測・評価するものです。

(注)実施義務付けの対象となる規制は、法律又は政令

令和4年度実施分(規制の事前評価)

○ 合同会社等の社員権の取得勧誘規制の見直し(令和4年6月22日公表)

令和4年度実施分(規制の事後評価)

○ 投資信託・投資法人法制の見直し(令和4年6月24日公表)

 

○ 銀行等グループの利益相反管理体制の見直し(令和4年6月30日公表)

 

○ 金融グループにおける経営管理の充実(令和4年6月30日公表)

 

○ 共通・重複業務の集約を通じた金融仲介機能の強化(令和4年6月30日公表)

 

○ 金融グループにおけるIT・決済関連業務の取扱い(令和4年6月30日公表)

 

○ 銀行代理業制度、外国銀行代理業務制度の見直し(令和4年6月30日公表)

 

○ 臨時休業時の店頭掲示期間の見直し(令和4年6月30日公表)

 

○ 仮想通貨交換業に係る制度整備(令和4年6月30日公表)

 

○ ITの進展等を踏まえた現行制度の見直し(令和4年6月30日公表)

 

○ 信用協同組合連合会による国等に対する員外貸付制限の見直し(令和4年6月30日公表)

 

○ 電子決済等代行業に係る制度整備(令和4年6月30日公表)

 

○ キャッシュ・マネジメントの高度化等に係る貸付けに係る貸金業規制の適用の見直し(令和4年6月30日公表)

 

サイトマップ

ページの先頭に戻る