第11回企業会計審議会 企画調整部会議事要旨

1.日時:

平成18年7月19日(水曜日)10時00分~12時00分

2.場所:

中央合同庁舎第4号館11階 共用第一特別会議室

3.議題:

会計基準を巡る国際的な動向について

4.議事内容:

  • 会計基準を巡る国際的な動向について

    • 事務局より、概要を説明
    • 企業会計基準委員会より、コンバージェンスに対する取組みについて説明
    • 日本経団連より、コンバージェンスに対する意見書について説明
  • 主な意見等は以下のとおり

    • 米欧を中心に会計基準のコンバージェンスの加速化に進んでいることに対して、我が国として、どのように対応するかを明確にすべきではないか。
    • 2009年までに行われるEUによる同等性評価に対して、我が国として、具体的にどのように対応していくかについて、例えば、工程表のようなもので明確にすべきではないか。
    • 国際会計のルール作りに参加できるようにするためには、体制面の強化を図るべきではないか。
    • 日米欧のコンバージェンスを進め、相互承認を目指すべきではないか。
    • 全体としてコンバージェンスの方向を目指しつつも、全ての項目が合うわけではないため、細かな差異は存在していくのではないか。
    • 何をコアとしてコンバージェンスしていくかが重要ではないか。
    • 新たな基準設定の過程で、更に差異が発生ないし広がることが懸念される。
    • 会計基準の設定・変更においては、時間的制約を踏まえつつも、市場の評価を十分に考慮するとともに、会計基準設定当時に前提となっていた条件に変更があったかを見極める必要があるのではないか。
    • コンバージェンスは会計基準設定主体の問題であり、当局による証券規制の問題とは別個の問題ではないか。
    • 現実問題として、欧米のスタンスを見る限り、相互承認を進めるためには、コンバージェンスは必要であり、両者はリンクしていると言わざるを得ないのではないか。
    • コンバージェンスが相互承認のタイミングに間に合わない場合、国際会計基準の適用を我が国企業にも認める等のオプションを検討すべきではないか。
    • 我が国会計基準に国際会計基準で認められている処理をオプションとして認めることも一案だが、我が国会計基準の質を維持する観点から、これは好ましくないのではないか。
    • 国際会計基準を日本企業に認めるというのであれば、そもそもEUとの相互承認は不要ということにもなりかねないのではないか。
    • 日本基準を(コンバージしながらも)維持しつつ米欧と相互承認を追求する道を選ぶか、それをはじめからあきらめて国際会計基準を受容してしまうのかという2つの道の大きな境目にきているのではないか。
    • 企画調整部会として、2009年に向けたコンバージェンスへの我が国としての対応について整理していくことが重要と認識。

以上

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局 企業開示課
(内線3673)本議事要旨は暫定版であるため、今後変更があり得ます。

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る