令和2年6月30日
金融庁

IT・サイバーセキュリティの取組みに関するレポートの公表について 

 金融庁では、金融機関のITガバナンスの発揮やサイバーセキュリティ強化に向け取組みを進めているところです。
 今般、今事務年度の取組みについて、以下のとおりレポートとして取りまとめましたので、公表します。
 

1.「金融機関のITガバナンス等に関する調査結果レポート」及び「金融機関のITガバナンスに関する実態
    把握結果(事例集)【令和2年6月版】」  

金融庁では、金融機関のITガバナンスの発揮を図ることを目的に、令和元年6月、「金融機関のITガバナンスに関する対話のための論点・プラクティスの整理」(以下、「ITガバナンスの 論点」という)を策定・公表し、金融機関との対話を進めて参りました。

 今事務年度は、「ITガバナンスの論点」に基づき、
【論点整理①】地域銀行における共同センターと自行のIT戦略・ITガバナンスの在り方
【論点整理②】メガバンクや大手生損保等のグローバルにビジネスを行う金融機関における
 グローバルITガバナンス
の各論点について、金融機関の実態調査・分析を進めました。
 
 今般、こうした調査結果や共通課題等について、当局、金融機関等との間で認識の共有を図り、金融機関のITガバナンスの発揮に繋げていくために、レポート(概要本文)として取りまとめました。
 また、令和元年6月公表の「金融機関のITガバナンスに関する実態把握結果(事例集)」に今回の実態調査等を通じて得られた参考事例を反映し、「事例集(令和2年6月版)」として取りまとめました。
 

2.「金融分野のサイバーセキュリティレポート」

 金融庁では、金融分野のサイバーセキュリティの確保は、金融システム全体の安定のための喫緊の課題であるとの認識の下、「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」(以下、「取組方針」という)を策定・公表(平成27年7月公表、平成30年10月アップデート)し、金融分野のサイバーセキュリティ強化に取り組んできました。
 今事務年度は「取組方針」に基づき、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据え、金融機関のサイバーセキュリティ対策の実効性向上に取り組むとともに、デジタライゼーションの進展やテレワークの拡大など、金融分野を取り巻く環境を踏まえ、新たなサイバーリスク等の把握・分析に取組み、積極的に金融機関の対応を促してきました。
 今事務年度におけるこうした取組みで把握した実態や共通する課題等について、当局、金融機関、関係機関等の間で認識を共有し、金融分野のサイバーセキュリティ対策の強化に繋げていくために、レポート(概要本文)として取りまとめました。
 

3.「金融機関のシステム障害に関する分析レポート」

 金融庁では、金融機関で発生したシステム障害等の報告を受領しています。
 令和元年度(平成31年4月~令和2年3月)のシステム障害を対象に、各金融機関がシステムリスク管理に取り組んでいく上で参考になる障害傾向・事例(事象、原因、対策)について、レポート(本文)として取りまとめました。
 

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総合政策局リスク分析総括課(内線3422、2898)

サイトマップ

ページの先頭に戻る