English新しいウィンドウで開きます
令和2年3月24日

スチュワードシップ・コード(再改訂版)の確定について

1.再改訂版の確定及びパブリックコメントの概要について

「スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会」(令和元年度)(座長 神作 裕之 東京大学大学院法学政治学研究科教授)では、令和元年10月より「『責任ある機関投資家』の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~」(以下、「コード」といいます。)の再改訂に向けて議論を行いました。
 
その後、再改訂案について、令和元年12月20日(金)から令和2年1月31日(金)までの間、広く意見の募集を行いました。
 
その結果、再改訂案について、日本語では44の個人及び団体から、英語では23の個人及び団体からご意見をいただきました。ご意見を提出いただいた皆様には、ご協力いただきありがとうございました。
 
いただいたご意見を踏まえ、再改訂版のコード(以下、「コード再改訂版」といいます。)が、(別紙1)のとおり確定されましたので公表します。なお、再改訂前からの変更点に関しては、(別紙2)をご参照ください。
 
寄せられたご意見の概要及びそれに対する検討会としての回答は、再改訂案への日本語のご意見については(別紙3)を、英語のご意見については(別紙4)をご覧ください。

また、意見募集の結果の概要については(別紙5)をご覧ください。

2.再改訂に伴う対応について

2.1 再改訂前のコードを受け入れている機関投資家の方々へ

再改訂前のコードを受け入れている機関投資家の方々においては、コード再改訂版公表の遅くとも6ヶ月後(令和2年9月末)までに、再改訂内容を踏まえて、コードの各原則(指針を含む)に基づく公表項目(以下、「公表項目」といいます。)の更新を行い(あわせて、更新を行った旨も公表)、その旨をjstewardship@fsa.go.jpまで連絡いただくようお願いします(「スチュワードシップ・コード再改訂に当たって」三4.参照)。

2.2 新たにコード再改訂版を受け入れる機関投資家の方々へ

コード再改訂版では、その趣旨に賛同しこれを受け入れる用意がある機関投資家に対して、その旨を表明(公表)することが期待されています(前文13.参照)。
金融庁では、「受入れ表明」の連絡があった機関投資家名を、随時、公表しているリストに追加しています。新たに「受入れ表明」をしていただく機関投資家の皆様は、下記項目を明記の上、jstewardship@fsa.go.jpまで連絡ください。

・機関(投資家)名(日本語):
・機関(投資家)名(英語):
・ご担当者氏名(部署、役職):
・ご連絡先(住所、電話番号又はメールアドレス):
・法人番号:

・「受入れ表明」の公表を行っているウェブサイトのアドレス:
・コード再改訂版に基づく「コードの各原則に基づく公表項目」の公表を行っているウェブサイトのアドレス:
・議決権行使結果及び理由の公表の有無:
・(有りの場合)議決権行使結果及び理由の公表を行っているウェブサイトのアドレス:
・スチュワードシップ活動報告の公表の有無:
・(有りの場合)スチュワードシップ活動報告の公表を行っているウェブサイトのアドレス:

なお、自己のウェブサイトを有していない機関(投資家)においては、上記の「受入れ表明」「コードの各原則に基づく公表項目」及びスチュワードシップ活動報告を、PDF形式で、上記連絡先に送付していただくことをもって、ウェブサイトでの公表に代えることも可能としています。
 

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
企画市場局企業開示課
(内線3834、3861)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
アクセスFSA(金融庁広報誌)
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査・監督基本方針関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
金融検査マニュアル関係
アクセスFSA(金融庁広報誌)ページ一覧を開きます
平成30事務年度(第180号~第191号)
平成29事務年度(第169号~第179号)
平成28事務年度(第157号~第168号)
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る