令和3年6月30日
金融庁

「金融機関のITガバナンス等に関する調査結果レポート」及び「金融機関のシステム障害に関する分析レポート」の公表について

 
 金融庁では、金融機関のITガバナンスの発揮やシステムリスク管理態勢の整備等に向けて取組を進めているところです。
 今般、今事務年度の取組について、以下のとおりレポートとして取りまとめましたので、公表します。
 

1.「金融機関のITガバナンス等に関する調査結果レポート」
 
 金融庁では、金融機関のITガバナンスの発揮を図ることを目的に、令和元年6月、「金融機関のITガバナンスに関する対話のための論点・プラクティスの整理」を策定・公表し、金融機関との対話を進めてまいりました。
 加えて、同論点・プラクティスの整理の中で、「3.今後整理していくべき論点」として、3つの論点を列記し、課題として昨事務年度より検討を進めてまいりました。
 令和2事務年度(令和2年7月1日~令和3年6月30日)は、以下の論点について整理するため、アンケート及び個別ヒアリングを行い、実態調査・分析を進めました。

 ・【論点整理1】共同センターと自行のIT戦略・ITガバナンスのあり方
 ・【論点整理2】グローバルにビジネスを行う金融機関におけるグローバルITガバナンス
 ・【論点整理3】金融業の変化に合わせたモニタリングのあり方
 
 今般、こうした調査結果や課題について、当局と金融機関との間で共有を図り、金融機関のITガバナンスの発揮に繋げていくため、レポート(概要本文)として取りまとめました。
 また、令和元年6月公表の「金融機関のITガバナンスに関する実態把握結果(事例集)」に、今回の調査等を通じて得られた参考事例を反映するとともに、ベストプラクティスの探求に向けて参考になると考えられる視点を追加し、「事例集(参考手引)<令和3年6月版>」として取りまとめました。
 

2.「金融機関のシステム障害に関する分析レポート」
 
 金融庁では、金融機関で発生したシステム障害等の報告を受領しています。
各金融機関がシステムリスク管理の整備に取り組む上で参考になる障害傾向・事例(事象・原因・対策)について、レポート(本文)として取りまとめました。
お問い合わせ先

総合政策局リスク分析総括課

Tel 03-3506-6000(代表)(内線2219、2215)

サイトマップ

ページの先頭に戻る