高齢社会における金融サービスのあり方

我が国においては、現在60歳の約4分の1が95歳まで生存するなど、長寿化が進展し、家計金融資産の約3分の2を高齢世帯が保有していますが、個々の世帯について見ると、高齢の各世帯が保有する金融純資産は過去20年間横ばいとなるなど、退職後も継続的に資産運用を行うことなどによる資産寿命の延伸や、高齢者が安心して資産活用を行える環境整備が重要となっております。

こうした中、金融庁では「高齢社会における金融サービスのあり方」について検討を行っております。

中間的なとりまとめ

 「高齢社会における金融サービスのあり方」(中間的なとりまとめ)(平成30年7月3日)

金融行政方針、金融レポート

pdfのアイコン画像です。平成29年事務年度金融行政方針(抜粋)(576KB)

閣議決定等

pdfのアイコン画像です。高齢社会対策大綱(平成30年2月16日閣議決定)(抜粋)(162KB)

pdfのアイコン画像です。平成30年版高齢社会白書(平成30年6月19日公表)(抜粋)(562KB)

pdfのアイコン画像です。未来投資戦略2018(平成30年6月15日閣議決定)(抜粋)(402KB)



 

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
月刊広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る