Englishopen new window
平成29年8月4日
(令和3年1月12日更新)
金融庁
 

  「金融業の拠点開設サポートデスク」初の登録完了案件について

  金融庁では、東京が魅力あるビジネスの場として認知され、世界中から人材・情報・資金の集まる拠点となるための取組みを推進する観点から、平成29年4月1日、海外金融事業者からの日本拠点開設に係る金融法令の手続き等に関する相談窓口として、「金融業の拠点開設サポートデスク」(Financial Market Entry Consultation Desk)を開設しました*1
  当デスク開設後、相談を受け付けた案件のうち、事業者の金融商品取引法に基づく業登録が完了した第1号案件について、お知らせします。

  英国の資産運用業者Legal&General Groupより、当サポートデスクに、日本拠点開設と日本法人リーガル・アンド・ジェネラル・インベストメント・ジャパン(以下、リーガル&ジェネラル社)の投資運用業、第二種金融商品取引業及び投資助言・代理業の登録申請の可能性について相談を受け付けたところ、同社は、年金基金など日本のアセットオーナーからの運用受託が見込まれ、日本に拠点を開設する蓋然性の非常に高い案件であったことから、迅速な対応による「ファストエントリー」の実現を目指し、金融庁・関東財務局・同東京財務事務所・東京都庁によるプロジェクトチームにて対応しました。

  5月に行われたプロジェクトチームとリーガル&ジェネラル社との初回面談以降、プロジェクトチームから継続的に情報を提供し、リーガル&ジェネラル社もそれに応える形で、対応を重ねてきました。通常、事前相談から登録完了までに半年程度要するところ、リーガル&ジェネラル社の投資運用業、第二種金融商品取引業及び投資助言・代理業の登録については、本日、プロジェクトチームとの初回面談から概ね3ヶ月程度で、登録が完了しました。

  「金融業の拠点開設サポートデスク」においては、今後も、海外金融事業者誘致に向け、海外金融事業者のより迅速な日本拠点開設を支援してまいります。

 
PDFのアイコン画像です。「金融業の拠点開設サポートデスク」初の登録完了案件について 

 

*1 金融庁・財務局は、新規に日本に参入する海外の資産運用会社等の登録に関する事前相談、登録手続及び登録後の監督を英語で行うとともに、これらの業務をワンストップで行う「拠点開設サポートオフィス」を2021年1月12日に開設いたしました。「金融業の拠点開設サポートデスク」で受け付けたご相談内容は、「金融業の拠点開設サポートデスク」が担っていた全ての海外金融事業者からの相談を受け付ける機能とともに「拠点開設サポートオフィス」に引き継がれました。
 

「金融業の拠点開設サポートデスク」初の登録完了案件について

金融庁 総合政策局 総合政策課

03-3506-6000(代表) (内線:2917、2417)

サイトマップ

ページの先頭に戻る