English新しいウィンドウで開きます
平成30年6月29日
金融庁

「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」(案)へのパブリックコメントの結果等について

金融庁では、「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」(案)について、平成29年12月15日(金)から平成30年2月14日(水)にかけて公表し、意見募集を行いました。

その結果、52の個人及び団体より282件の御意見をいただきました。本件について御検討いただいた皆様には、御協力いただきありがとうございました。

お寄せいただいたコメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方は、pdf別紙1およびpdf別紙2を御覧ください。本件とは直接関係しないコメントもお寄せいただきましたが、これらにつきましては、今後の金融行政の参考とさせていただきます。

また、金融庁では、意見募集期間中に、全預金取扱金融機関(銀行・信金・信組・労金)・監査法人・財務局職員を対象に、全国で対話会(延べ60回)を開催し、既に行われている創意工夫を御紹介いただくと共に、実情やお悩み、懸念など様々な御意見をお聞かせいただきました。対話会の場でいただいた主な御意見を取りまとめ、3月27日に公表しました(こちらを御覧ください)。

パブリックコメントや対話会でお寄せいただいた御意見を踏まえ、必要な追記・修正を行いpdf「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」を策定しました。

パブリックコメントや対話会でお寄せいただいた主な御意見と金融庁としての今後の取組みについてはpdf別紙3を、追記・修正の内容についてはpdf別紙1をそれぞれ御覧ください。
 また、金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)(案)に関する海外当局との意見交換についてはpdf別紙4を御覧ください。

引き続き、金融庁・財務(支)局が一体となって、金融機関との建設的で双方向の対話を続けながら、金融行政の質を継続的に高めていきます。

パブリックコメントや対話会でお寄せいただいた主な御意見

  • 3手法(最低基準検証、動的な監督、見える化と探究型対話)を用いる際の当局の目的意識を明確にしてほしい。状況に応じて、適切な手法を用いて欲しい。
  • 当局の考えの押し付けや思い込みによる行政とならないようにしてほしい。
  • プリンシプル中心の枠組みにおいても、分野によっては詳細な基準を示す必要があるのではないか。
  • モニタリング結果を可能な範囲で還元・公表してほしい。

お問い合わせ先

金融庁 Tel : 03-3506-6000(代表)
検査局企画審査課(内線2601、2602)

検査・監督に関する意見募集について

皆様から御意見を頂いて、引き続き金融行政の質を継続的に高めていきたいと考えており、検査・監督に関する御意見を歓迎いたします。

御意見の送付先

金融庁検査局企画審査課
郵便 : 〒100-8967
東京都千代田区霞が関3‐2‐1 中央合同庁舎第7号館
メールアドレス : supervisory-approach@fsa.go.jp

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報メール配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る