English新しいウィンドウで開きます

令和2年3月24日

スチュワードシップ・コードの受入れを表明した機関投資家のリストの公表について(令和2年3月13日時点)

 

「日本版スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会」(座長 神作 裕之 東京大学大学院法学政治学研究科教授)は、平成26年2月26日に「『責任ある機関投資家』の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~」(以下、「本コード」といいます。)を策定・公表しています。

 本コードは「スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会」(座長 神作 裕之 東京大学大学院法学政治学研究科教授)において、平成29年5月29日に改訂されました(スチュワードシップ・コード(改訂版)の確定について)。
 また、本コードは「スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会」(令和元年度)(座長 神作 裕之 東京大学大学院法学政治学研究科教授)において、令和2年3月24日に再改訂されました(スチュワードシップ・コード(再改訂版)の確定について)。

これらを踏まえ、金融庁では、本コードの「受入れ表明」をしていただいた機関投資家のリストを公表しています。

リストの公表等については、本コード(再改訂版)の前文において、以下のように記載されております。

15.  本検討会は、本コードの受入れ状況を可視化するため、本コードを受け入れる機関投資家に対して、

・ 以下を自らのウェブサイトで公表すること

- 「コードを受け入れる旨」(受入れ表明)
- 「コードの各原則(指針を含む)に基づく公表項目」

① スチュワードシップ責任を果たすための方針などコードの各原則(指針を含む)において公表が求められている具体的項目

② 実施しない原則(指針を含む)がある場合には、その理由の説明

・ 当該公表項目について、毎年、見直し・更新を行うこと(更新を行った場合には、その旨も公表すること)

・ 当該公表を行ったウェブサイトのアドレス(URL)を金融庁に通知すること

を期待する。

また、本検討会は、当該通知を受けた金融庁に対して、当該公表を行った機関投資家について、一覧性のある形で公表を行うことを期待する。

 

※従前は、3ヶ月毎に当該リストの更新を行ってきましたが、平成28年3月分より、新たに「受入れ表明」のご連絡をいただいた機関投資家名を、随時、リストに追加しております。

また、「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議(第16回)」での議論を踏まえ、スチュワードシップ・コードの受入れを表明した機関投資家のリストにおいて、信託銀行等、投信・投資顧問会社等、生命保険・損害保険会社に分類される機関投資家において、従来公表していた項目に加え、「議決権行使結果の公表の有無」、「理由の公表の有無」、「スチュワードシップ活動報告の公表の有無」及び「スチュワードシップ活動報告を公表しているウェブサイトのアドレス」の項目を新たに追加しております。

なお、平成26年9月2日に金融庁ウェブサイトにおいて、「PDF機関投資家等の皆さまへ」と題するメッセージを公表しておりますので、こちらも併せてご覧ください。

これまでに「受入れ表明」をしていただいた機関投資家について、業態別に分類した結果は、以下のとおりです。(令和2年3月13日時点)

・ 信託銀行等
・ 投信・投資顧問会社等 191
・ 生命保険・損害保険会社 23
・ 年金基金等 53
・ その他(議決権行使助言会社他)
(合計) 280

新たに「受入れ表明」をしていただく機関投資家等の皆様は、下記の項目を明記の上、jstewardship@fsa.go.jpまでご連絡下さい。

公表する内容の詳細については、令和2年3月24日に再改訂されましたコードをご確認ください(PDF『責任ある機関投資家』の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~)。

 ・機関(投資家)名(日本語):
 ・機関(投資家)名(英語):
 ・ご担当者氏名(部署、役職):
 ・連絡先(住所、電話番号又はメールアドレス):
 ・法人番号:

 ・「受入れ表明」の公表を行っているウェブサイトのアドレス:
 ・「コードの各原則に基づく公表項目」の公表を行っているウェブサイトのアドレス:
 ・議決権行使結果及び理由の公表の有無:
 ・(有りの場合)議決権行使結果及び理由のを公表行っているウェブサイトのアドレス:
 ・スチュワードシップ活動報告の公表の有無:
 ・(有りの場合)スチュワードシップ活動報告を公表行っているウェブサイトのアドレス:
 

なお、自己のウェブサイトを有していない機関投資家に限っては、上記の「受入れ表明」「コードの各原則に基づく公表項目」及びスチュワードシップ活動報告を、PDF形式で、上記連絡先に送付していただくことをもって、ウェブサイトでの公表に代えることも可能としています。

また、リスト掲載情報に変更がございました場合も上記連絡先にご連絡下さい。

以上

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

企画市場局企業開示課

(内線3834、3861)

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
アクセスFSA(金融庁広報誌)
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査・監督基本方針関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
金融検査マニュアル関係
アクセスFSA(金融庁広報誌)ページ一覧を開きます
平成30事務年度(第180号~第191号)
平成29事務年度(第169号~第179号)
平成28事務年度(第157号~第168号)
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る