アクセスFSA 第188号

皆さんご注意ください!&情報提供のお願い

その「もうけ話」、大丈夫ですか?  

○ 暗号資産(仮想通貨)に関するトラブルにご注意ください!
インターネットを通じて電子的に取引される、暗号資産(いわゆる「仮想通貨」)をめぐるトラブルが増加しています。また、暗号資産(仮想通貨)の交換と関連付けて投資を持ち掛け、トラブルとなるケースが増えています。
改正資金決済法等の施行に伴い、仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が義務付けられています。取引の際には金融庁・財務局に登録された事業者であるか、また、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか確認するとともに、下記の注意点に気を付けるようにしてください。
●暗号資産(仮想通貨)は「法定通貨」ではありません。
●暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。
●仮想通貨交換業者は登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
●暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合は事業者から説明を受け、内容をよく理解してから行ってください。
●暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。詐欺や悪質商法に御注意ください。

◎金融庁ウェブサイトでは、勧誘を行う業者が金融庁(財務局) の登録を受けているかを確認できます。
   ↓
仮想通貨交換業者登録一覧(金融庁ウェブサイト)
 

◎また、金融庁・財務局が行った行政処分について確認できます。
   ↓
暗号資産(仮想通貨)関係情報 (金融庁ウェブサイト)


○ ICO(Initial Coin Offering)に関する注意喚起について
一般に、ICO(Initial Coin Offering)とは、企業等が電子的にトークン(証票)を発行して、公衆から資金調達を行う行為の総称です。トークンセールと呼ばれることもあります。
全世界でICOによる資金調達が急増していますが、ICOにより発行されるトークンを購入する際には、次のような高いリスクがあります。

●価格下落の可能性
トークンは、価格が急落したり、突然無価値になってしまう可能性があります。
●詐欺の可能性
一般に、ICOでは、ホワイトペーパー(注)が作成されます。しかし、ホワイトペーパーに掲げられていたプロジェクトが実施されなかったり、約束されていた商品やサービスが実際には提供されないリスクがあります。また、ICOに便乗した詐欺の事例も報道されています。

(注)ICOにより調達した資金の使い道(実施するプロジェクトの内容等)やトークンの販売方法などをまとめた文書をいいます。
トークンを購入するに当たっては、このようなリスクがあることや、プロジェクトの内容などをしっかり理解した上で、自己責任で取引を行う必要があります。

○ 詐欺的な投資勧誘にご注意を!
「未公開株」や「ファンド」取引に関する詐欺的な投資勧誘が多発しています。くれぐれもご注意ください!
実際に投資を行うかどうかの判断は、取引内容を十分に理解した上で行うことが重要です。少しでも不審に思った場合には、取引を見合わせることを含めて、慎重に対応することをお勧めします。

「未公開株」や「私募債」の取引に関するご注意

一般的に、幅広い投資家に「未公開株」や「私募債」の取引の勧誘が行われることは、考えられません。

  • こうした取引の勧誘を行うことは、法律違反の可能性がありますので、絶対に関わらないようにしてください。

金融庁や証券取引等監視委員会の職員を装った投資勧誘等に関するご注意

金融庁や証券取引等監視委員会の職員が、電話等により、投資に関して情報提供やアドバイスを行うことや、民間の業者等に対する投資に関与することは一切ありません。

  • こうした取引の勧誘は、いわゆる劇場型の投資詐欺等であり、絶対に関わらないようにしてください。

「ファンド(組合など)」取引に関するご注意

法律上、幅広い投資家に対して、組合などファンドへの出資の勧誘を行えるのは、金融庁(財務局)の登録・届出を受けた業者に限られます。

  • これ以外の者が勧誘を行うことは、法律違反の可能性がありますので、絶対に関らないようにしてください。
  • ただし、登録や届出を行っている業者についても、金融庁・財務局が、その業者の信用力等を保証するものではありません。登録業者等からファンドへの出資の勧誘等を受けた場合でも、その業者の信用力を慎重に見極めるとともに、取引内容を十分に理解した上で、投資を行うかどうかの判断をすることが重要です。
  • ◎金融庁ウェブサイトでは、より詳しい情報や、勧誘を行う業者が金融庁(財務局) の登録を受けているかを確認できます。

    免許・許可・登録等を受けている業者一覧(金融庁ウェブサイト)

  • ◎なお、金融庁(財務局)の登録を受けている業者であっても、

    • その信用力などが保証されているものではありません。
    • 「元本保証」「絶対に儲かる」などと説明して勧誘することは、禁じられています。
    • 詳細は下記ウェブサイトにアクセスしてください。

    詐欺的な投資勧誘等にご注意ください!(金融庁ウェブサイト)


これら不審な勧誘を受けた場合には、金融庁金融サービス利用者相談室に情報をご提供下さい。

 

◆金融庁金融サービス利用者相談室(受付時間:平日10時~17時)
電話(ナビダイヤル):0570-016811
※IP電話からは、03-5251-6811におかけください。
FAX:03-3506-6699

皆様からの情報提供が市場を守ります!


【お知らせ】
  10月1日より、下記窓口の電話受付時間を、
  < 平日8時45分~17時00分 >に変更しました。
  詳しくは、「証券取引等監視委員会ウェブサイト」よりご確認ください。
 
  • (1)情報提供窓口

    証券取引等監視委員会新しいウィンドウで開きますでは、資料・情報収集の一環として、広く一般の皆様から、「相場操縦」や「内部者取引」、「風説の流布」といった個別銘柄に関する情報、「有価証券報告書等の虚偽記載」や「疑わしいファイナンス」といった発行体に関する情報、「金融商品取引業者による不正行為等」に関する情報、「疑わしい金融商品・ファンドなどの募集」に関する情報など、市場において不正が疑われるような情報の提供を電話や郵送、FAX、インターネット等により受け付けています。寄せられた情報は、各種調査・検査や日常的な市場監視を行う場合の有用な情報として活用しています。

    (注)個別のトラブル処理・調査等の依頼につきましては対応していませんので、ご了承ください。

◆証券取引等監視委員会 情報提供窓口
https://www.fsa.go.jp/sesc/watch/新しいウィンドウで開きます
直通:0570-00-3581(ナビダイヤル)
   ※受付時間:平日8時45分~17時00分
   ※IP電話等からは、03-3581-9909におかけください。
代表:03-3506-6000(内線3091、3093)
FAX:03-5251-2136
郵送(共通):〒100-8922
東京都千代田区霞が関3-2-1中央合同庁舎第7号館

ポスター

  • (2)年金運用ホットライン

    平成24年4月より、年金運用の分野に関し、実名で情報提供いただける方を対象とする専用の窓口(年金運用ホットライン)を設置し、投資運用業者による疑わしい運用等の情報等、幅広い情報の収集に努めています。特に詳細な情報提供を頂ける場合、「年金運用の専門家」が対応します。これら専用の窓口も、是非ご利用下さい。

◆証券取引等監視委員会 年金運用ホットライン
https://www.fsa.go.jp/sesc/support/pension.htm新しいウィンドウで開きます
直通:03-3506-6627【受付時間:平日8時45分~17時00分】
電子メール:pension-hotline@fsa.go.jp

  • (3)公益通報・相談窓口

    公益通報者保護法の公益通報に関する専用の窓口を設置し、電話による相談の対応も行っています。

◆証券取引等監視委員会 公益通報・相談窓口
https://www.fsa.go.jp/sesc/koueki/koueki.htm新しいウィンドウで開きます
直通:03-3581-9854【受付時間:平日8時45分~17時00分】
FAX:03-5251-2198
電子メール:koueki-tsuho.sesc@fsa.go.jp

 


お知らせ

長い間、お取引のない預金等はありませんか?

2018年1月1日に、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」(以下「休眠預金等活用法」という。)が施行されました。
2009年1月1日以降のお取引から10年以上、その後のお取引のない預金等(休眠預金等)は、民間公益活動に活用されることとなります。
休眠預金等となった後も、引き続き、お取引のあった金融機関で引き出すことが可能です。休眠預金等の有無、引き出し手続などの詳細は、お取引のあった金融機関にお問い合わせ下さい。
また、通帳やキャッシュカードの所在、金融機関にお届けの住所やメールアドレスに変更がないか、今一度ご確認してみてはいかがでしょうか。
 
金融庁ウェブサイトでは、預貯金者の方などのためのQ&Aや、休眠預金等活用法に関する関係資料などをご紹介しています。詳しくは、金融庁ウェブサイトの「政策・審議会等」から、「長い間、お取引のない預金等はありませんか?」にアクセスしてください。

                         
 

金融行政モニターについて


※ 詳しくは、金融庁ウェブサイトの「金融行政モニター」にアクセスしてください。

 

中小企業等金融円滑化相談窓口

各財務局・財務事務所に中小企業等金融円滑化相談窓口を設置しています。どうぞご遠慮なく、ご相談ください。

  • ●以下のような点について、ご質問・ご相談等はございませんか。

    • 1.中小企業金融円滑化法の期限到来後における金融機関や金融庁・財務局の対応

    • 2.借入れや返済について、取引金融機関との間でお困りのこと

    • 3.経営改善や事業再生に関する中小企業支援策の内容

  • ●各財務局・財務事務所の担当職員が、皆様のさまざまなご質問やご相談等にお答えします。また、助言等も積極的に行います。

  • ●ご相談内容に応じて専門の機関をご紹介します。

    《受付時間》 平日9時~16時

※ お問い合わせ先については、「ご相談は財務局・財務事務所の金融円滑化窓口へ!~中小企業等金融円滑化相談窓口のご案内~」にアクセスしてください。

災害関連情報

金融庁ウェブサイトでは、災害関連情報について、以下の特設ページに掲載しています。
詳しくは、各災害関連情報ページをご覧ください。

 

新着情報等配信サービスに関するお知らせ

【重要なお知らせ】
新着情報等配信サービスにつきましては、現行の「メール配信サービス」から、Twitter及びRSSによる配信に移行させていただくこととなりました。
引き続き新着情報等の配信を希望される方は、以下のリンクにアクセスいただき、Twitter又はRSSによる情報配信設定をお願いいたします。
なお、「メール配信サービス」にご登録いただいた方の登録情報(メールアドレス)につきましては、当庁において抹消させていただきます。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


金融庁、証券取引等監視委員会、公認会計士・監査審査会では、Twitter及びRSSにより新着情報等配信サービス(日本語版・英語版)を行っています。

  • ●金融庁からは、毎月発行しているアクセスFSAや、日々発表される各種報道発表など、
  • ●証券取引等監視委員会からは、証券取引等監視委員会ウェブサイトの新着情報や、証券取引等監視委員会の問題意識等のメッセージなど、
  • ●公認会計士・監査審査会からは、公認会計士・監査審査会ウェブサイトの新着情報など
  • ●調達情報からは、調達情報サイトに掲載された金融庁の入札公告等の調達情報

が、配信されます。

配信を希望される方は、以下のリンクにアクセスいただき、Twitter又はRSSによる情報配信設定をお願いいたします。

≪Twitterを利用した情報配信設定について≫
以下のTwitterアカウントにアクセスし、「フォローする」を選択してください。

  日本語版 英語版
金融庁 @fsa_JAPAN 新しいウィンドウで開きます。
証券取引等監視委員会 @SESC_JAPAN 新しいウィンドウで開きます。
公認会計士・監査審査会 @cpaaob_JAPAN 新しいウィンドウで開きます。
調達情報 @fsa_procurement 新しいウィンドウで開きます。 -    



≪RSSを利用した情報配信設定について≫
RSSによる配信設定手順については、以下URLよりご確認ください。

以上

サイトマップ

金融庁についてページ一覧を開きます
大臣・副大臣・政務官
金融庁について
所管の法人
予算・決算
採用情報
お知らせ・広報ページ一覧を開きます
報道発表資料
記者会見
講演等
広報誌アクセスFSA
パンフレット
談話等
白書・年次報告
アクセス数の多いページ
更新履歴
車座ふるさとトーク
新着情報配信サービス
金融庁twitter新しいウィンドウで開きます
政策・審議会等ページ一覧を開きます
全庁を挙げた取り組み
金融制度等
金融研究センター新しいウィンドウで開きます
取引所関連
企業開示関連
国際関係
銀行等預金取扱金融機関関係
証券会社関係
保険会社関係
金融会社関係
法令関係
その他
法令・指針等ページ一覧を開きます
法令等
金融関連法等の英訳
金融検査マニュアル関係
監督指針・事務ガイドライン
Q&A
金融上の行政処分について
公表物ページ一覧を開きます
審議会・研究会等
委託調査・研究等
政策評価
白書・年次報告
金融機関情報ページ一覧を開きます
全金融機関共通
銀行等預金取扱機関
保険会社関連
金融会社関連
店頭デリバティブ取引規制関連
日本版スチュワードシップ・コード関連
国際関係ページ一覧を開きます
国際関係事務の基本的な方針等
グローバル金融連携センター(GLOPAC)
職員による英文講演新しいウィンドウで開きます
職員が務めた国際会議議長等
日本にある金融関係国際機関
金融安定理事会(FSB)
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)
証券監督者国際機構(IOSCO)
保険監督者国際機構(IAIS)
その他

ページの先頭に戻る